憲法を議論することは重要であり、野党からも論点を提起しています。しかし、安倍総理が変えたいという9条について、私は守るべきだと考えています。日本は先の大戦で侵略戦争という間違いを犯し、大きな犠牲の上で平和憲法の理念を得たと考えています。これは国是として守るべきです。

 日本の周辺において安全保障上の懸念が増していますが、日米安保を基軸としつつ、様々な事態を想定して対処すれば日本の安全を守ることはできると考えています。

 安倍総理は安保法制を実現させ、辺野古基地建設を進め、莫大な防衛装備品を購入していますが、どれもアメリカの要求です。いずれ自衛隊がアメリカの要求に従って海外で戦争に巻き込まれるようにしか思えません。

 日本は周辺諸国といずれも国境問題を抱えています。ロシアと北方領土、韓国とは竹島、中国とは尖閣列島。日本周辺での問題にはしっかり対処する能力と国際連携を深める必要はありますが、アメリカ追従でなく、平和を希求する国家として自立することが重要だと考えています。